--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
07.01

たね

Category: 未分類
ヘレボの種は今年はほとんど取りませんでした。
引越しの時にきっと混乱すると思ったから。

タグ抜けとか

取り違えとか

絶対ありそうだものね。(^▽^)>


ところで『種』ということばにまつわる
こんなお話あるようですよ。

たねの
『た』は「多」「沢山」「高く」という生命の広がり
『ね』は「根」「根源」という生命の深まり


地上と地下。

XとY、縦軸と横軸の広がり。

光のあたるところと
光のあたらないところ。


種は小宇宙だね♪

「た」と「ね」のバランスを大事にしてみようと思います。
コメント
なぁ~~んて。
すごい含蓄のある種話、楽しかったでーす♪
momongadot 2008.07.01 21:30 | 編集
あやさん、こんばんは~
「た」と「ね」が、それぞれに意味を持ってるなんて思ってもみなかったなぁ^^

バランス大事ですね~。
大きく広がるためには、まず足元をしっかりしないと支えられないですもんね。

根っこが出て葉っぱが出て、あっという間に私よりも大きくなって。
ちっこいちっこい種は大きな生命力の塊ですねぇ。
れいにdot 2008.07.01 21:42 | 編集
こんばんは~!

楽しかったですか(^_^)ありがとー!

私も自分で書いていて
分かったようなわかんないようなお話しですが(笑)

たねって面白いですね。
ますます種まきに興味がわいてきました。
店長dot 2008.07.01 22:09 | 編集
こんばんは♪

イベント続きで書きたいことが沢山あるにもかかわらず
いきなり抽象的な話題をしはじめるわ・た・し♪

語源ではなくて、誰かが作った話かとは思いますが
ちょっと面白かったので印象に残っていました。

たねやお豆ってかわいらしいのに
すごく濃いものが詰まってるんですよね~。

いつか夢や希望が実を結ぶためには
根っこをしっかりさせないといけませんね。


だれか私にもDRキンコンをふりかけてください!!
なんてね(^^)
店長dot 2008.07.01 22:16 | 編集
こんばんは

いろいろあって失業者になってしまったブィーです。

今年はちょっとだけ種採りして、買った種もまいてと張り切っております。
(から元気かしらん)
ヘレボは結果が出るまで長いので、せっかちな私ですからどうなる事やら。

「タネ」と「シュ」は違うのに混同して用いられていると先日参加した園芸セミナーで習いました。
園芸って奥深いですねぇ。


ブィーdot 2008.07.02 00:04 | 編集
不思議。

種の形になると、時も越えられる事もあるんだよねー。
shift-1dot 2008.07.02 00:22 | 編集
あやさん、こちらは空梅雨です。そちらはいかがですか?
このお話&shift-1 さんのコメントを拝見して、埼玉県行田市の古代蓮を思い出しました。ご存知かしら?
1400~3000年前の種が芽を出して、再び増殖したそうです。植物ってすごい力を秘めているんだと感動しました。

http://www.ikiiki-zaidan.or.jp/kodaihasu/index.html

埼玉にいるうちに、1度は訪ねてみたい場所のひとつです。
メイdot 2008.07.02 09:38 | 編集
こんにちは♪
ご無沙汰しておりました間に
お仕事お辞めになられたのですね。。
実はお勤めなさっていたことすら存じ上げませんでした(^^ゞ
悠悠自適に植物の研究をされているイメージがありました。

「シュ」と呼んでしまうと
また新たな広がりが( ̄□ ̄;)!!
縦の広がり横の広がりのみでなく
過去から未来へつながっていきます。
これは何軸でしょう?
xとyとz???

種って不思議~。
店長dot 2008.07.02 14:49 | 編集
こんにちは。

種の世界も奥が深いですね。

種はその年に発芽しなかったりするんですよ。
環境に合わせるためわざとばらつきを起すそうです。
暑すぎたり寒すぎたり天変地異などがあった時に
生き残るためだそうです。
(ヘレボな人は周知のとおり)

種の中にどんなフローチャートが入ってるんでしょうね?
こうだったらこう、yesだったら先にすすみ、
noだったら元に戻ってリピート、みたいな…

shift-1さんのとこのチップみたいに
小さい小さいもののなかに
情報が沢山詰まってるんでしょうね。
プログラムしたのは誰?
店長dot 2008.07.02 14:57 | 編集
こんにちは♪

古代蓮のお話、懐かしいです~。
私が知っているのは大賀ハス。
府中の子供たちはみんな古代蓮の話を知っているのだ(笑)

府中市の郷土かるたで
「に」は
「2000年ハスの大賀博士(はくし)」なんです。

今でも小学校で郷土かるた暗唱させられてるのかなぁ(^^)

大賀蓮は千葉で出土されたんですが
大賀博士が当時府中に住んでいたため
「府中が発祥の地」みたくなっておりました(笑)

行田市からも発見されていたのですね。

ハスは残りやすいんでしょうか。
はっ( ̄□ ̄;)!!まさかアンチエイジング効果が?
店長dot 2008.07.02 15:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。