--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
06.26

緑のカーテン大作戦2013(その4)

Category: 未分類
緑のカーテン大作戦2013(その1)はコチラ
緑のカーテン大作戦2013(その2)はコチラ
緑のカーテン大作戦2013(その3)はコチラ


6月24日(月)

今日は家庭菜園にお詳しいグリーンアドバイザーたちをお招きし

現物を見てもらうことになりました。

中でもお野菜にお詳しいGAが、ご自宅から敷きワラとネギを持ってこられました。


062404_R.jpg


皆でプランターにワラを敷きつめていきます。

土の中に潜んでいる病原菌は、葉っぱの裏の気孔から侵入しますので

ワラを敷くことによりお水遣りや雨で土が跳ね返り感染するのを防ぎます。


062401_R.jpg


この敷きワラは梅雨が終わって真夏の日照りになる頃には乾燥防止にも役立ちます。



062403_R.jpg


コンパニオンプランツのネギを植えます。

ネギは独特の香りがありますので害虫防止のためかしら?と思っていたのですが、

ネギの根っこから出る成分で、立ち枯れなどの病気の予防になるのだそうです。

お勉強になりますね。〆(- - )メモメモ


前回(一週間前)に子ヅル6節目まで伸びていた「ころたん」。

今日は8節以上に伸びていましたので、やっと孫ヅルが伸びる時が来ました。

この孫ヅルに雌花(めばな)がつくのです!!


8節目までの新芽と蕾はまだ咲かせてはいけないので、摘みとってゆきます。

先週はこの作業、幼稚園の若い先生たちだったので「かわいそう・・・」とためらっていましたが、

ベテランGAたちは手際よくサッサと摘みとってゆきます(笑)




062402_R.jpg

ツルが大分伸びていましたので、ネットにラフィア(植物性の紐)で

ゆるく8の字に留めていきます(ツルに紐を回したら、一回交差させてからネットに縛る)

ツルを締め付けて傷めないためです。

ラフィアは天然素材なので生分解するのでそのまま土に埋められるのでラクとのこと。


最後に、追肥を施しました。

株がここまで大きくなっていると根っこは外側まで伸びていますので

株元に肥料をやっても無駄ですので、なるべく離れた場所に肥料を置いてゆきます。

四角いプランターの対角線上の角2つにパラパラ置きました。


来週には雌花がお目見えするといいのですが・・・

雌花は雄花(おばな)と違って、

蕾の時点で小さいメロンが花の下部にくっついているそうで

すぐ分かるんだそうです。楽しみですね♪



*6月24日のころたん*

子ヅルが8節以上に成長
病害虫なし


*作業覚書*

・この日までにネキリムシ対策にオルトランDXをまいてある
・敷き藁を敷く
・ネギを株元に植える
・子ヅル8節目までの新芽と蕾を摘み取る
・ツルを所々ネットに8の字に縛る
・プランターの角あたり2ヶ所づつ追肥をやる
・うどん粉対策にカリグリーンを薦める



その5へ続く



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。