--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
06.26

緑のカーテン大作戦2013(その3)

Category: 未分類
緑のカーテン大作戦2013(その1)はコチラ
緑のカーテン大作戦2013(その2)はコチラ


6月18日(火)

緑のカーテン大作戦でころたん(ミニメロン)が当選した幼稚園へ

会計の井出GAと2名で初めて訪問しました。


0618_1_R.jpg


緑に囲まれ、遊具も沢山あって、園内でゴーヤやトマト、

キュウリなども上手に作っている園芸熱心な幼稚園です。


プランターが10鉢、ころたん(ミニメロン)の苗が12株で、

高さ2mほどのトンネル支柱にネットがかかっています。

GA東部の酒井会長が6月の初旬に、植えつけるところまでは指導してくださっていたので

とても綺麗に植わっていました。



0618_4_R_R_1.jpg


ツルが大分伸びていました。

メロンは最初のツル(親ヅル)の頭を切り取って(摘芯)その脇から出てきた子ヅルを伸ばし、

さらに子ヅルの8節目から出てくる「孫ヅル」に実をならせます。

まだ摘芯をしていないとのことだったので、その作業をいたしました。



0618_2_1.jpg


既に親ヅルが長く延び過ぎて、カット不可能になっている株も見受けられました。

もう少し早く見に来なければならなかったようですが、今ならまだセーフです。

プランター栽培ですので畑と違い与えられる養分も限られています。

余分な子ヅルをカット。1株からツルがすくすくと2本だけ育っている状態にします。



0618_3_R.jpg


メロンは雄花と雌花が別々に咲きます。

先に雄花がポツポツ咲き始めていますので無駄に養分を取られないよう、

葉っぱの付け根に出来ている新芽とつぼみの赤ちゃんを、

心を鬼にしてポイポイと摘みとってゆきます。

幼稚園の若い先生方は、毎日愛しんで大事に育てているので

「なんだかかわいそうで出来ません」とおっしゃっていました。


でも今は心を鬼にして、ころたんの体力を温存させ、

孫ヅルを万全の態勢でお迎えすることだけを考えます。



*6月18日のころたん*

子ヅル6節目まで成長


*作業覚書*

・親ヅル摘芯
・子ヅル6節目まで摘蕾
・ネキリムシ対策にオルトランDXの購入を薦める




その4へ続く



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。