--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
04.19

クリスマスローズの施肥の時期ですよぉ~~!!

Category: 未分類
さ、テンションあげるかな。。。

春が来ちゃったんだから、もう仕方がない。




先週、クリスマスローズの花茎切りをやりました。


種を採取する分だけ残してバッサリ切ります。

いつまでも残しておくとムダに体力を消耗して翌年の開花に差し障りますので

なるべく早めにカットしたほうがよいのです。

(その時、ブラックデス蔓延防止にハサミの消毒をお忘れなく!!)

vistron.jpg




悲しみに打ちひしがれ、よろよろしながらカットしていたら

ハサミの消毒液「ビストロン」の瓶に蹴っつまづいて

こぼしてしまって、志半ばであえなく終了。

昨日やっと残りの花茎もカットしました。


「もう終わっちゃうね・・・」ぽつりとつぶやいた私に

近くにいた旦那が何か返事をした。

「え?あんたに言ったんじゃなくて花にゆったんだよ^^」

って言ったら「花としゃべれるのか?!」とビックリされてしまった。


そりゃーね、ペラペラ会話できるわけではないのだけど

「おはよう」とか「ただいま」とかフツーに声かけるよね?

これって私の仲間内では割と普通なことなんですが

おかしいですか?(笑)



花茎切りと同時にやっておきたいのが株元の掃除と

「クリスマスローズの肥料やり」です。

やらなくても特に問題はないのでやらない人もいますが

マニアックな人は「花後のお礼肥」と「夏前の花芽形成」のために

色々頭を悩ませて、施肥します(笑)

4月に施肥して、6月には取り除きます。



promix.jpg


冥王堂ではハイポネックスジャパンさんの「プロミック」をお勧めしています。

錠剤の重量が一定なので均一に与えられ、扱いやすいのです。



お礼肥、花芽形成に必要な要素って何だろ~???

考えれば考えるほど分からない。


ネットで調べても、

お礼肥には「速効性肥料が良い」と言っている人と

「遅効性肥料が良い」と言っている人がいます。どっちやねん・・・


   ◆プロミック クリスマスローズ用 有機肥料配合 N6-P9-K8(中粒)

      (約1.5g)4号で2粒 5~6号で3粒 7~9号で4粒 肥効期間 約2ヶ月


   ◆即効性の「プロミックスタンダード」N8-P12-K10(中粒)

      (約1.5g)4号で1粒 5号で1~2粒 6号で2~3粒 肥効期間 1ケ月~1.5ケ月


   ◆遅効性の「プロミック遅効き」N8-P8-K8(小粒)

      (約0.8g)3号で1粒 4号で2粒 5号で2~3粒 肥効期間 1ケ月~1ケ月半


   ◆遅効性の「プロミック遅効き」N8-P8-K8(ミニ)

      (約0.5g)2.5号で1粒 3号で1~2粒 肥効期間 3週間~1ケ月



どの苗にどれを与えたらいいと思います???


詳しい方いらっしゃいましたらご教授よろしくお願いします。


私は開花株と来年開花予定株にはスタンダードの8-12-10、

10.5cm苗には遅効性8-8-8の小粒、9cm苗にはミニを与えようかと思っています。

(予定は未定。急に何か思いついて変えるかも)



有機肥料を与えられたら一番いいのかもしれませんが

蒸れやカビ系に弱いヘレボさんにはちょっと怖いかな、と敬遠。

化成肥料のほうが安心です。


肥料の三大要素はN(チッソ)P(リン酸)K(カリ)

おざっぱにNは葉っぱ肥え、Pは花や実肥え、Kは根肥え

と言われたりするのは周知のこと。

だから何?

(^-^;;;

分かっているようで分かっていない肥料の関係・・・



多分、私が思うに、

バランス良く与えればそれが一番なのではないかしらね?

人間と同じで。


よく肥料では山型といって、8-10-8などリン酸の値が高いものが多いですよね。

リン酸はお花に必要な要素だから多いというものありますが、

リン酸て土の中でほとんど動かないんだって。だから多めに入れとくらしいです。


逆にチッソはお水やりなどで簡単に動くから効きやすいんだって。

だから与えすぎはいけないと言われるんですね。

でも、チッソはお水で動くから、鉢栽培などでは灌水で底穴から流れちゃう。

だから効きすぎるのもほんの一時だけで、ある意味さほど問題ないそうな。



肥料やりも奥が深いなぁ?!

極めるためには、まだまだお勉強せねば(^-^;;;


...

最近の私はとてもやさぐれています(^-^;;;;



やつれている、ともいう。

目の下のクマが3重に???

鏡を見ると、お笑い芸人の「又吉さん」がいる・・・( ̄□ ̄;)!!

デジタルパーマでかけた春らしい、ゆるふわパーマが余計に又吉感を醸し出しています(汗)


ねー、私、又吉みたいだね・・・


ダンナにそういうと


「でもあいつはよく見るとイイ男だよ。」


優しい旦那様です(笑)



コメント
こんばんはー
いやー勉強になりますねー


ちなみに
今年発芽した苗には液肥&活性剤(メネデール)位で留めた方が
良いのでしょうか??

プロミックを半分に切って置いてみようとも
しましたが断念(爆

極めるにはまだまだ勉強しないといけませんねー
くま☆やんdot 2011.04.20 21:58 | 編集
こんばんは♪
読みに来てくださってありがとうございます。

全然勉強にならない中途半端な記事でごめんなさいね(苦笑)

私もまだまだ勉強中で「これ」といったものがないのであります・・・


プロミックを半分に切ったらダメダメですよぉ~~~~!!!

プロミックは(多分プロミックだけではなく他社の肥料もだと思う)

期間を決めてきっちり効くように何層にもなっていて

一番外側から溶けだすように計算されているので

半分に切ったら一度に全部の層が出てきてしまうので

ものすごく効きすぎてしまうと思います。


「肥料はあげなくて枯れることはないが、あげすぎて枯れることはある」

とよく言われるように、本当は怖いものなのですよ♪( ̄▽+ ̄*)


チビ苗にはあげなくてもいいくらいです。

メネデールとかBGバイタルとか薄いのをあげるくらいで良いかと。

HYBで早期発芽でガンガンに大きくして早く花を見たいとか
何かやりたいことがある人は自己責任で肥培してくださいネ。

山野草などの世界では肥料で育った子は無肥料の子よりも弱くなる場合もありますのでね。

肥料は奥が深いよ・・・全然分からぬ。
あやdot 2011.04.21 18:49 | 編集
プロミック切ったら駄目駄目ですよねー(爆
多分ダメだろうねーって思ってやめました。。

いずれにせよ
過保護にならないようにしないといけませんからね~
アメとムチ作戦で(爆
枯らさぬよう頑張りますよ~

追伸
元気なさそうですねー(TT
色々ありますからね・・・。
この一ヶ月の間に私の周りでも
色んなことがありすぎて大変です。。

特に

カミャさんが

とても心配です。。。
くま☆やんdot 2011.04.21 21:54 | 編集
こんばんは!!

元気だよ~。心配させてごめんね。

色々心配なことはあるけど、きっと大丈夫。

信じて待つ。

でっかい夢がある人は負けちゃいけないのら~~~(^-^)v
あやdot 2011.04.21 22:59 | 編集
コバワンダフル♪
肥料は・・NPK+αの中でも一つ一つ意味があります。知ってるか・・。
どの植物にも言えますが、花芽形成時にも作用するのでなんでも与えればいいというわけではありまへん。。(クリローの生態が・・いまいちわかってませんので・・こうしたらいいってのがわからん・・)今シーズンのバラが終わったらクリローと向き合っていきますw
みちゃdot 2011.04.27 02:31 | 編集
こんばんは♪

花芽形成と言っても植物によって色々だものね。
成長しながら花をもつものもいれば、休眠するものもあるしね。

ヘレボに関してはまだあまり研究が進んでいないから
自分で探るしかないのよね。

小苗に関してはフラット型を与えて、
開花株に対しては山型肥料を与えてみようと思います。
あやdot 2011.04.27 19:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。