--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
03.08

私の夢…

Category: 未分類
私には夢があって…

知ってるよ、お花屋さんになることでしょ?

うふふ。じつはね、、
売上の一部を募金すること。
ほんのすこしでも…

それが夢。

そんな話をしたら旦那に
「これからお金が必要になるって時に何を言っているの
そんな金があるなら俺に募金してくれ(>_<)!」と。

お客さんだって
「募金するお金があるならもっと花を安くしてくれ」
って言うよ、って。

それはそうなんだけど…

そうじゃなくて。。。
私たちに出来ること。何かあるんじゃないかと思って。。

節約主婦ターゲットの安心価格の冥王堂さん。
他店より安いとはいえ、それでもやっぱり贅沢品。。

ビンボービンボーと言っていても
なんだかんだで私たちは本当の貧困を知らない。
飢餓で死んでいく子供を実際に見たことがない。
どこか遠い世界の話…


募金してもいいかなぁ?
お客様は許してくださるだろうか。。。



~追記ぃ~

今、お風呂に入っていて気付いたんですが、
「募集」と「応募」の違いのように
「募金」はお金を集める側のことであって、
私がやりたいのは募金ではなくて「寄付」では…(爆)

使い慣れない言葉を使ったものだから…(*ノノ)ハズカシ

意味が通じれば良してとして☆ご勘弁を(^-^;)
コメント
あやさんは偉いですね~~、とても立派だと思います、、
私はまだ、お客様になっていないので何とも言えませんが、、募金はやって欲しいと思います。

私も出来ることから、と思い、もう9年ほどダルニー奨学金を送っています。
http://www.minsai.org/e_thai.html

ほんのちょこっとでも何かの役に立っているということが私の幸せに繋がっています。。。
マリリンdot 2008.03.08 23:30 | 編集
こんばんは~!

わぁ、マリリンさんは10年近くも寄付してらっしゃるのですね。
でも普段全然おくびにもださないマリリンさん♪
そういう生き方に憧れます。

ダルニー奨学金のページ拝見しました。
かわいいお写真~。
一つの募金にこだわらず、毎年変えてもいいかなと思ったりしています。
ユニセフでもいいし、環境問題でもいいし。


ちょうどこの前、とあるお姉さんとお話していて
「うちは貧乏だったからお兄ちゃんしか大学に
行かせてもらえなかった」というお話を伺ったばかり。
その方はとても才能のある優秀な方なのに…もったいないです。
だから日本の育英会もいいかなと。
一応私もなんちゃって先生だったので(^^ゞ
店長dot 2008.03.09 00:08 | 編集
子供が生まれてから、ボランティア活動に参加することができなくなり残念に思っていましたが、逆に飢餓や貧困、虐待の犠牲になっている子供のニュースに切ない思いをすることが多くなりました。
あやさんのお店で気に入ったお花を買って、その一部がそんな子供たちに寄付されるというのなら、こんなに嬉しいことはありません。
私はお花で癒されて幸せに、さらに見知らぬ子供たちの命が救われてさらに幸せに。。。あやさんのお店で買うお花には他店には無いオマケ付きv-25
素敵な夢。少しづつでも、永く続けてほしいと思います。

フロッケdot 2008.03.10 12:18 | 編集
あやさん、こんにちは。メイも賛成です。
と、いうか、そもそも、その時その価格に納得出来たから購入したのですから。
その納得した売買から生じた利益は、あや店長のものですよ。

メイdot 2008.03.10 14:18 | 編集
寄付ですが、いろんな募金を募っていますよね。
どんな使われ方をするかもそれぞれ違うし、どれにどれだけ自分が貢献できるか、
いろいろと調べて納得のいくものに寄付をされるのはいいことだと思います。
お金を寄付・・ということではないですが、手作りした物を世界の子供に送り届けるプロジェクトなんかもあります。
これは2007年の案内ですが・・。
http://www.felissimo.co.jp/toys/
これ、毎年参加しています。

それからわたしは地震で被害があった被災地へ募金の呼びかけがあれば必ずしています。
ほんとに僅かな金額ですが・・。
自分が阪神大震災の被災者であったこともあるのですが、
少しでも・・という思いからさせていただいています。

chikodot 2008.03.10 19:52 | 編集
こんばんは。
私の夢に賛同してくださってありがとうございます。

フロッケさんはお子さんをお持ちになって、よりいっそう
世の中の子供たちのことが気になるようになったのでしょうね。
そうはいっても学費などの貯金もしなければならないでしょうし…
その点、私にはまだ子供がいないから少し自由にお金が使えます。
身軽なうちになにかしておきたいと思います。

フロッケさんのお子さんはきっと
風と緑が大好きな子になるでしょうね(^^)
(KAZEじゃなくてHONDA派かな(笑))
お嬢さんが大人になった頃、ヘレボ界はどうなっているでしょうね。
今の私たちの行動にかかっています…
店長dot 2008.03.10 21:24 | 編集
こんばんは~
応援のメッセージありがとうございます♪

そっか、利益はあや店長のものですね。
じゃぁ新しいデジカメ買おう~っと…

じゃなくってぇ!(笑)

うちの旦那が言うには、もし売上の中から寄付したいなら
最初から「売上金の○%を寄付します」と
謳っておかねばならなかったのではないかと…
いきなり「寄付します」と言ったら金返せとはいわないでしょうけど
内心そう思う人も出てくるだろうと。。

それもそうかもね、と思った私でした。

もう今年はヘレボも終わってしまうから
今年は適当な額にして、
来年からはちゃんと%を明示したいと思います。



店長dot 2008.03.10 21:30 | 編集
こんばんはぁ~

chikoたんが被災されたことは某メルマガで読んで存じておりました。
デュメトラムのお話でしたね…よく覚えています。
きっと自分が助かった命を大切にし、被災者に尽くすことを
考えていらっしゃるのですね(^^)素敵ですね。

物で送る方法もあるのですね。
テーマが決まっているんだ…違う意味で燃えてしまいそうな予感(笑)

ユニセフでは物は受け付けないと書いてありました。
寄付金の中の25%は事務手数料費として徴収して
実際に現地に送るのは75%だそうです。
一箇所にとらわれず、なるべく手数料が少なくて済むところを
今後探していきたいと思います。
ありがとうございました。

店長dot 2008.03.10 21:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。