--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
07.11

お天王さん

Category: 未分類
今日は「お天王さん」の日でした。

子供たちがお神輿を担いで家の前まで来てくれて
ワッショイワショイやってもらうというお祓い(?)的な
地域のお祭りです。

皆さんの地域にもお天王さんはありますか?
うちの実家の方にはなかったわ。。

tennou1.jpg

町内会で配られた「お花」と呼ばれる不思議な装飾品。
これを家の前に飾っておきます。

そうすると子供たちのお神輿が巡回してきて
神輿をゆすりながら「わっしょいわっしょいわっしょい」
って3回言って終了です(笑)

係りの人にお祝金?お布施?を渡します。


前にも一度だけ班長から配られたことがあるけど
アパート暮らしだった頃はスルーされることも多かった。
「アパートはやらなくていいよ」と
大人たちに言われてるんだろうね(笑)

tennou2.jpg
tennou3.jpg
tennou4.jpg

ご近所を見てみると
この「お花」はどうやら郵便ポストに刺しておくらしい(本当?)

うちは新入りだし、私道の突き当たりにあるので
遠くて見えずらいかな?と思って
玄関前に仮置きしてある薪の山に刺しておきました(笑)
tennou5.jpg

おーい、ここにもあるぞぉ~、って言う感じでね(^^)


「おてんのうさん」とは何ぞや?

とりあえず、天皇のことではないらしい。
多分「お天王」さん。

検索してみるとこんな記述がありました。

-----------------

京の都に大流行した疫病を悪霊の仕業と考え、
この悪霊から身を守るため牛頭天王や素蓋鳴命を祀り、
悪霊退散を祈願したことが、そのルーツ。
神輿(素盞鳴命)が暴れるほど悪霊が逃げ出すと信じられていたことから
村の隅々まで暴れまわったといわれます。

-----------------

牛頭天王って…なんかギリシャ神話にでてきそう?(^m^)

「素蓋鳴命」にいたっては
なんと読むのかも、わからないわ。
「命」は「みこと」かなぁ?
きっと暴れん坊の神様なんだろう。

ネコのアニメ映画の「銀河鉄道の夜」に出てきたお祭り覚えてる?
「ケンタウルスよ、雨を降らせ~」って
子供たちが言うの。
「牛頭天王」という名前のイメージを膨らませると
ちょっとあんな風にも思えたりして…(笑)

tennou6.jpg
tennou7.jpg

ワッショイ・ワッショイ・ワッショイ


tennou8.jpg

ご近所の子供たちもいつもと違って浴衣姿(^-^)
ふわふわ、ユラユラのきんぎょみたい…うふふ。
コメント
大淵地区も同じ風習ありますよ。

最後の写真。。何ともいえないいい写真に感じます。
こじろう丸dot 2009.07.11 22:58 | 編集
こんばんは

地元のお祭り、楽しそうですね(^-^)

由来が、京都の祇園祭に似ていますね。
「素蓋鳴命」スサノオノミコト
と読みます。


京都では、日に日に祇園祭にむけて準備が進んでいます♪
賑やかですよ。
dot 2009.07.11 23:36 | 編集
こんばんは
初めて聞くお祭りですねぇ。

お祭りって五穀豊穣を祈る、五穀豊穣を感謝するのがメインみたいですが、病気などを払う悪魔払いの意味のお祭りもあるとかで、いろいろなんですね。
子供がたくさん参加しているのがいいわ。
ブィーdot 2009.07.12 00:01 | 編集
うーん。

知らないなぁ。

 東京だと、御神輿出すと交通規制が大変で、大した距離担がないもんなー。
shift-1dot 2009.07.12 01:26 | 編集
地域のお祭りっていいですね。

三尺帯の浴衣、可愛いですね。
今年は娘にも着せてみようかしら。
フロッケdot 2009.07.12 02:21 | 編集
昔は結構あっちこっちで行なわれ

た 神輿を担いで町内を練り歩い

たものでした 私も子供から青年

迄やりましたよ。
やまめdot 2009.07.12 04:35 | 編集
> 大淵地区も同じ風習ありますよ。

ダンナにも聞いてみたんだけど、細部が微妙に違うみたいね(笑)

ダンナのとこには「お花」はなくて、
その代り、
子供たちが山に入って葉っぱを取ってきて
お神輿担いで各家庭に巡回して
その葉っぱを売るような感じで
お金をもらうって言っていたよ。

そして、もっと子供の数は多かったって。
昔はベビーブームだったからねぇ(笑)
あやdot 2009.07.12 10:37 | 編集
こんにちは!ご無沙汰してます。
やっとネット徘徊する余裕ができたので
桜さんの日記も拝読するのを楽しみにしてます(^^)


> 由来が、京都の祇園祭に似ていますね。
> 「素蓋鳴命」スサノオノミコト
> と読みます。

荒ぶる神はスサノオでしたか(^^)なるほど~
「す」しか読めない(笑)
近頃の子供は当て字みたいな変な名前が多いといいますが
神様も…?(爆)

京都の祇園祭、修学旅行で一回だけ見たことあります。
男衆たちが激しくて怖かった覚えがあります(笑)
由来は祇園祭から流れてきたのかもしれませんね。
あやdot 2009.07.12 10:46 | 編集
こんにちは♪暑くなりましたね。

やはりブィーさんもご存じないですか。
私も知りませんでした。

多摩地区にはなかった?のかもしれませんね???
↑のshift-1さんも知らないって言っているし…

京都が発祥の地だとすると、静岡には来ているけれど
東京までは下りてきてないのかもしれませんね(笑)
あやdot 2009.07.12 10:49 | 編集
多摩地区3名は知らないと書いてますね(笑)

shift-1さんもブィーさんも(私と違って(爆))物知りさんですので
ご存じないなら、やはりお天王さんはなかったのでしょうね。うむ。

祭りと言えば「くらやみ祭り」!!!
富士宮の山車やお囃子は府中に比べてマイルドですよ。
県民性でしょうか(笑)

あやdot 2009.07.12 10:53 | 編集
> 地域のお祭りっていいですね。

フロッケさんの地元って
そういえばどこなんでしょう??

あちこち行かれているイメージが(^^)

娘さん、大きくなったでしょうね。
親子で浴衣きたら超~かわいいでしょうね♪
ダンナさんデレデレかもよ?(笑)
あやdot 2009.07.12 10:58 | 編集
やまめさん、お祭り似合いますね♪

はっぴ姿が想像できてしまいます(笑)

私は東京のお祭りしか知らないので
富士宮のお祭りは
やってる人も、観客も、お行儀が良い印象を受けます。
あやdot 2009.07.12 11:02 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。