--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
06.10

ロックの日

Category: 未分類
一日過ぎてしまいましたが、
昨日、6月9日は『ロックの日』だそうです(笑)

職場で流れているラジオからは
ロックの日にちなんで内外のロックが流れていました。
やはりRCやキヨシローの企画ものの曲が多かったな。

亡くなってから急に取り上げられるのも皮肉なものだ。
oh~ラジオ~だわね、こりゃ。


あなたにとって「ロック」とはなんですか?
と聞かれたら、
昔だったら
「ロックとは反抗心なり」
と答えていただろう。
やり場のない怒りとかネ。

今改めて思うと、
ロックとは心の叫び、つまりは「泣き」ではないのか。
一見、荒々しく情熱的な音楽だけど
奥底にそこはかとない哀愁があります

「怒り」とはすなわち「悲しみ」でもあるのか?!!

喜怒哀楽って不思議だ。
つながっているんだね。


話は戻りますが


そのラジオ番組で
キングクリムゾンがかかったんですよ。

私も大好きなアルバム「クリムゾン・キングの宮殿」の最初の曲。

このレコードジャケットは
大きく口をあけた赤い顔の男の人のどアップの絵でね。
一度はどこかで見たことがあるんじゃないかな。
(実家にレコードがあっははずなんだけど
今年探しに行ったら私のレコードコレクションが
すっかり売り払われてしまっていた…涙)


仕事しながら「やっぱプログレはええな~」とウットリしていました。


パーソナリティが最後に曲名をゆったとき
ありゃ?とズッコケました。

「『21世紀のスキゾイドマン』でした~。」


(^-^;;なぬ?!

「21世紀の」と日本語でゆっておきながら
後半が英語ってどういうこと?!

そんなら最初から英語名で「21st. Century Schizoid Man」
と言ったらいいではないか!!

この歌は、まぎれもなく、間違いなく、

『21世紀の精神異常者』

なのである!!!

この邦題にしびれた少年少女は沢山いたハズだ。


『21世紀のスキゾイドマン』では、けっしてないのに…TT


なんていうのかな。
うまくいえないケド。。

「題名」は芸術の一部であって
侵されてはいけないものなんじゃないのかなぁ?


私たちが大切にしているものが
「大人の事情」によって
こうして無造作に壊されていくんですね。


私は仕事中に興奮して、
近くにいた従業員(御ん年76歳のオババ)に

「この歌、名前が変わっちゃってるよぉ!放送禁止用語だからかなぁ?!」

と熱く話しかけましたが

「おゃおゃ、まぁ~」

と穏やかにニッコリお返事くださいました(≧▽≦)


きっと何も分かっていないんだろうけどネ(笑)

話しかけた私が悪ぅございました♪
コメント
昔はバンバン言っていた言葉が今は放送禁止用語・・・。
そんなことってあるのですね・・・。

私は台所に防水ラジオを置いて毎日聴きながら炊事をしているのですが、14年間愛用していたラジオが壊れてしまいました(T_T)
最近のラジオって高性能すぎて聴く時間が短く役に立ちません。
苦肉の策で茶箪笥の上にMDコンポ(古っ)を置いて聴いてます。
地震がきたら危ないかも?
6月に入って清志郎さんの曲がよく流れてますね。
カミャdot 2009.06.12 00:08 | 編集
こんばんは♪

作品の題名などは別に悪口で言っているわけではないのだから
差別用語にはならないと思うのだけど、
病気を患っている方は気を悪くするのでしょうね。

もっとひどい言葉は普通に使われていますね。
デブとかブスとか…


> 最近のラジオって高性能すぎて聴く時間が短く役に立ちません。
> 苦肉の策で茶箪笥の上にMDコンポ(古っ)を置いて聴いてます。
> 地震がきたら危ないかも?

ラジオっていいですね~
なんか、ノスタルジィ。。

そういえば我が家にはラジオってないかも。
防災用の懐中電灯についてるのしかないワ(笑)


> 6月に入って清志郎さんの曲がよく流れてますね。

私は嬉しい限りです(^^)

けど、泉谷はイヤ。
やたら出てくると思ったら、ニューアルバムが出る(出た?)んですって。
宣伝に使うなんて最悪…
あやdot 2009.06.13 22:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。