--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
01.21

今日の歌は「Maybe tomorrow」

Category: 未分類


だけど明日は~

きっといいこと~

あると信じてたいの Maybe tomorrow ~♪
スポンサーサイト
Comment:6
2012
01.19

ナカエガーデン主催「クリスマスローズ展」のお知らせ

Category: 未分類
京都のはんなりファームさんからのお知らせです。

hannari1.jpg

滋賀県のナカエガーデンさんで「冬の貴婦人 クリスマスローズ展」が開催されるそうです。

残念ながらこの時期は、私は行かれませんが、お近くの方はぜひ。

↓クリックすると地図など画像が大きくなります。

hannari2.jpg

行かれた方は、ぜひ感想などお聞かせくださいね(^_^)/~
Comment:0
2012
01.01

クリスマスローズの古葉切り

Category: 未分類
明けましておめでとうございます!!

今年もよろしくお願いします。


新年最初の投稿が昨日みたいな脱力系では皆さまに申し訳ないので(笑)

昨年忙しくて書けなかった「古葉切り」を投稿しようと思います^^


+ + +


huruha4.jpg


クリスマスローズを育てていて、前から付いていた葉っぱが

カリカリに枯れたり、古びて黒くなったり

倒れてボロボロになったりしているのが気になることはありませんか?

初心者の方から「この葉っぱはどうすればいいの?」と

質問をいただくことがあります。


クリスマスローズは夏の休眠から目覚めて、秋から冬にかけて新芽が芽吹いてきます。

新旧の葉っぱが世代交代をするこの時期に「古葉切り」を行います。


葉切りをする理由は、

・役目を終えた葉っぱが汚いから

・かたくて古い葉っぱが柔らかい新芽や蕾を傷つけるから

・古い葉っぱからエチレンガスが出て成長が阻害されるから

などなどです。


古葉切りは賛否両論あります。


寒い地方などでは霜よけになるので切らない派が多いと聞きます。

それよりなにより、ハサミの使い回しにより、

不治の病のブラックデスなどのウイルス病が蔓延してしまうことがあるのです。


「ブラックデス」と、は葉っぱから、茎から、蕾から、

すべてに油性ペンで書いたような筋があらわれ、

花や葉は醜くゆがみ、それはそれは恐ろしい形相になり、いずれは死んでしまう恐ろしい病気です。

そのウィルスは汁で移ります。アブラムシなどの吸い口から移ったり、

カットしたハサミで移るのです。


ウィルス予防ができないのなら切らないほうがいいとさえ言われています。

一鉢(一株)カットごとに忘れずに「ハサミのウイルス消毒」を行ってくださいね。


ウイルス消毒の方法としては

「ハサミをバーナーであぶる」というのもありますが、

皆さん沢山コレクションをお持ちですので、いちいち高温であぶっていたら大変ですし、

やけどを心配してしっかりハサミの根元まで火が行かないかもしれません。

強アルカリの「第三リン酸ナトリウム液」に浸す方法が簡単で確実です。

園芸店や薬局でも売っていますが、粉を何gか計ったり、ぬるま湯で溶かしたりするのが面倒で、

ふと気になってすぐカットしたいときに、すぐ用意できないのが難点です。



huruha1.jpg



そんなと・き・に!

冥王堂がお勧めするのが『ビストロン10』です。

第3リン酸ナトリウムの商品で、黄色く着色されています。

冥王堂でとても人気のある商品です。

注>これは器具の消毒薬です。植物自体のウィルス病の農薬ではありません。
  絶対に植物に散布しないでくださいね。



第3リン酸ナトリウムは使いまわしできますので、

一回ごとに捨てなくても大丈夫、汚れるまで使えます。

(まぁ1日で100株以上切ればかなり汚れるのでその時は1回で捨てちゃいますけどね・・・)

1L入りですので1本買えば1年以上使えますよ。


10というのは10%液という意味です。

この商品は、水と1:1で割って使うので、とっても簡単らくちんなんです!!


あや的、簡単使用方法をお教えしますね♪


まず、ハサミの刃がしっかり浸かる深さの蓋つきのビンをご用意ください。

100円ショップのでもいいですし、大きめのジャムのビンでもかまいません。


huruha2.jpg


今回私は、約600ml弱の大きさのジャムのビンを用意しました。

計量カップで計った250mlの水をジャムのビンに入れて

「250mlの線」を油性ペンで書きます。

さらに250ml足して「500ml」のところにも線を書きます。

これで1:1が計らなくてもいつでも簡単に作れますよ♪

下の線までビストロン10を入れて、上の線まで水道水を入れれば完成です!!

もし、「切ってるうちに汁で薄まってしまったら心配・・・」という方は

気持ちビストロンを線より多めに入れれば安心です。

この液は汚れるまで何度か使えますので蓋つきのビンがお勧めですよ。


huruha3.jpg


ウイルスの消毒は数秒でOKですが、このビストロン液のビンにハサミを2~3本入れれば、

待たずに効率よくテンポよく古葉切りが行えますヨ。

huruha5.jpg

茶色くなったり、カリカリに焦げたようになってしまっている古葉を

根元から1cmくらいのところでカットします。

ドングリ状にぷっくりしているものは花芽ですのでカットしないでくださいね(笑)

開花株サイズでしたら全部切ってしまっても構いません。

新しそうな葉っぱは残してみました。


huruha6.jpg


古葉切りすると、さっぱりスッキリ、お庭が見違えるようになりますよ。

ごみの袋に古葉がいっぱい・・・

誰が出したごみなのか、ご近所さんにバレバレになってしまいますが(笑)

切る時の音もざっくりしていてストレス解消にもなります♪

ぜひ皆さんもやってみてくださいね。

その際には必ずウイルス対策を忘れずに!!!
Comment:9
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。