--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
11.21

冥王堂のポリシーは・・・

Category: 未分類
今一度、自分に言い聞かせてみる。

独り言ですので、皆さんはどうぞ読み飛ばしてくださいな^^

image03_6.jpg

このお花が私のファーストヘレボなんですよ♪10年前に購入・・・今でも健在です(^-^)v



冥王堂のポリシーは

『良品を、良心価格でお届けする』


そして


「ひとつひとつを丁寧に。

丁寧に対応することで必ずお客さんはついてきてくれます」



私がショップを立ち上げた時に、

このようにアドバイスくださったナーサリーさんがいらっしゃるのです。

今でも心がけていることです。

私はちゃんと実践できているでしょうか・・・(TдT)



シェリ~!!いつになればぁ~

俺は這いあがれるだろぅ~~~~

シェリ~どこにゆけば~

俺はたどり着けるだろぅ~~~~~





スミマセン。

照れ隠しで思わず熱唱してしまいました(照)



実は少し悩んでいました。


震災以降、園芸にお金をかけることに

後ろめたさを感じていたのです。


シーズンになりました。さあ来てください!と言わんばかりに

私が販売をあおることにより、

どなたかのお心を

傷つけてしまうのではないかと・・・


もちろん、『スイセンプロジェクト』など、

園芸を通して、皆の笑顔、復興に役に立つということは証明されました。

お花が取り持つご縁、本当に素晴らしくて感動しました。


その一方で、やはりクリスマスローズというものは

普通のお花を買う感覚とは、どこか違うと感じます。

絵画や骨とう品を売り買いするのと同じような、

原価+諸経費以上の付加価値が求められます。

パンジーやビオラとは違うのです。



こう悩んでいたら弊店のお客さまで友人でもあるマニアさんに

「プロとして失格である」とお叱りを受けました(笑)

お客様のためになり、なおかつ儲けを出すために日々頑張るのが

プロというものである。



私にできることってなんだろうね?


まずは、

今あるヘレボ達を枯らさないように健康的に慈しみ育てること。

をご提案し、

もしお客様のコレクションで足りないもの、

これがあったらいいな、というものがあったら

弊店で補充していただくようにお薦めする、というような売り方・・・


それは弊店のような薄利なショップにとっては

手間ばかりで儲けが無いことを意味します。


販売数が減るということはクロネコさんにも申し訳ないことをしてる・・・

だから最近冷たいんだよね・・・残念だけど(´・ω・’)



そんなわけで、なかなか弊店のシーズンは始められずにいました。

でもやっぱりヘレボで勝負したい!!

プロのままでいさせてください。

どこよりもヘレボを愛し、どこよりも詳しいショップであり続けたい。

今はどの店にも負けていないと自負しております。

だから皆様には安心してお買い物してほしいのです。


少しでもおかしいと思ったら販売は見送ります。

その判断が正しいのかどうか分からないけど、

後々になって「英断であった」と皆さまから評価されれば

結果オーライでございます♪


皆様に夢を売るお仕事をしていたいのです♪

けっこう長い独り言デシタm(__)m

スポンサーサイト
Comment:2
2011
11.19

カブのファルシーサラダ

Category: 未分類
1.gif


アメーバピグ内の農園ゲーム「ピグライフ」というのをやっているんですが、

(エフママさんや、しんさんや、くまやん、カミャさんとか、めぐっぺさんとか、
ぜふぁぁさんとか、うちの旦那とか、みんなでやってるんですけどねw)


今は野菜の「カブ」のクエスト中なんです。


カブの種をまいて収穫して、指令通りの料理を作る。


クリアすると、お金では買えない限定お洋服や、小物アイテムがもらえるので

みんなで夢中になってやっているところ・・・(’-’*)



カブのファルシーサラダ」というのを作ると、

たまに「ライフ切手」というのが出て、これを4枚集めると

レベルの高い料理を作る時に使う「ローリエ」と交換できるのです。

2.gif



そんなわけで、切手を集めるために、

ただひたすら「ファルシーサラダ」を作らないといけないのです。


そんなときに旦那がポツリ。

「ファルシーサラダ食いたい。作って~。」


ええー( ̄□ ̄;)!!

そんな料理見たことも聞いたこともないのですけど・・・

farcies.jpg


これを見る限りだと、カブとマヨネーズ、玉ネギとキュウリで作るようだ。

(じゃぁこの絵の赤いのとオレンジのは何なんだ???)


「カブのファルシーサラダ」をネットで検索しても出てこない。

そもそも「ファルシー」ってなんだ?

ヘルシーとファンシーが混ざってしまったような?


調べたらちゃんと出てきました。

ファルシー(farcies)とは、詰め物という意味だそうな。

野菜をくりぬいてカップにして、中に食べ物を詰めればいいのだ。

肉料理とか蒸しものとかもあるようだけど、

今回は「カブのファルシーサラダ」なのでサラダを詰めるよ。


材料はテキトーに用意してみる。

カブ、キュウリ、タマネギ、トマト、ニンジン、ツナ缶、マヨネーズ、塩コショウ。


1.カブの茎を1cmほど残して葉っぱを切り落とす。

2.洗って丸い部分の形を残したまま皮をむく。

3.上部がフタになるように上から1cmくらいのところで切る。

4.カブカップの座りが良いように少し底辺を切る。

5.カブをカップにするためスプーンでくりぬく(穴があかないようにね)

6.スライスオニオンを水にさらし、くりぬいたカブやキュウリ、トマト、ニンジンをこまぎれにする。

7.ツナ缶とこれらの野菜、マヨネーズと塩コショウ少々を混ぜる。

8.スプーンですくってカブカップにつめて出来上がり♪

最後にミルでコショウなどかけてミル(ダジャレ)


farcies1.jpg


出来映えは( ̄ー ̄)どうかなぁ?(笑)

カップごと食べれちゃいます。

とても美味しく頂きました。


おしまい♪


Comment:21
2011
11.19

クリスマスローズの用土について・・・あや用土の場合

Category: 未分類
皆さん、はいさーい!!冥王堂店長のあやです。

寒くなりました。

暑くても、寒くても、やる気の起きない私ですぅ(^^ゞ


さて、皆さん今、一生懸命に植え替えされていることと思います。

用土を作って、古い土を落として根ほどき、時には株分けしたりしながら

なかなか進まないものでございますね。。。


皆さんはどんな用土を使っていらっしゃいますかね?

HCや通販で買った「花と野菜の培養土」を使っている人はあまりいないでしょう。

肥料なども配合されていて便利ですが、保湿性が良すぎて、

クリスマスローズにはちょっと向いていない用土です。

大手から「クリスマスローズの土」という名前で売られている培養土も

ピートモス多めで栽培に適さないものがあるので要注意です。


大抵のクリスマスローズのマニアさんは赤玉や腐葉土などを単体で購入して

自分オリジナルのブレンド用土を作って使用しています。


教科書通りに説明しますと、

赤玉7 : 腐葉土(堆肥)3 

の基本用土に

軽石系や鹿沼土を2~3割混ぜて、

適量の元肥と、もみ殻くん炭や、その他資材などなど、

自分で調べて用土に良いと思った物を

ちょこちょこと混ぜていくわけでございます。


ここで、マル秘!!

神秘のベールに包まれた、

あや用土を公開しちゃいますぅ♪

tuti_1.jpg



うちのヘレボルスコレクションで重要度が高いのは、やはり原種、原種交配です♪

高温多湿の夏場、育てるのがやや難しい子たちです。


<赤玉土>

これらには、ややお高い、良い赤玉土を使います。

『赤玉二本線』というブランドをご存知ですか?

山野草や盆栽の世界では有名な良質の赤玉土です。

地中深くから掘り上げた赤土を使用していますので

雑草の種や病害虫が混入している心配がありません。

しっかり天日干しされた粒は雨や霜にあたっても崩れにくく、

廉価品のように微塵で根詰まりすることが少ないのです。

これを一袋、空けます。

苗のサイズにより中粒、小粒を使用。

少し割高な「極小粒」というのもあるらしい(小盆栽用)


<鹿沼土>

そこに(できれば良質な)鹿沼土を混ぜます。

「特選」や「硬質」と書かれたものが良いと思います。

kanuma_0.jpg


ここのは粒がそろっていてしっかり固くて気持ちいい♪

苗のサイズにより小粒、極細を使っています。

極細、発芽したての小苗に良いですよぉ^^


<腐葉土(堆肥)>

私はいまだ腐葉土は良いものに巡り合えていないので

腐葉土の代わりに『馬糞堆肥』を1割ほど混ぜています。

ouma_0_20111119002645.jpg


馬糞堆肥は競馬馬の宿舎で作っている物が多いです。

競走馬は管理されたものを食べていますし、

ドーピング検査があるのでおかしな薬物も使っていませんので安心です。


<あく抜きベラボン>

そして、ココヤシチップの「あく抜きベラボン」を0.5割ほど混ぜます。

これは水を吸うと膨らみ、乾くと縮む性質がありますので、

用土の中で空気が動いてくれることを期待しています。

腐葉土の代わりに「微生物のすみか」にもなってくれます。

必ず「あく抜き」されたものを使用してくださいね。

廉価品は大抵アク抜きされていません。

それで苗を全滅させたイチゴ農家がいるらしいですよ((;゜Д゜)ガクガクブルブル

苗の大きさにより5Mと3Mを使い分けています。


<天然パーライト ナチュライト>

そしてそして、あや用土で一番はずせないものは、

『天然パーライト ナチュライト」でございます!!

これは通常のパーライトとは違い、硬質で潰れない軽石のようなものです。

これを混ぜると、通気性、お水はけなど根っこの健康にとても優れた効果を発揮します。

シリカの成分で出来ていますので根ぐされ防止にもなりますよ。

大体割合は1割程度でしょうか。植える物によって多めにしたり、ケチったり(笑)しています。


<元肥>

見落とされがちですが、自分ブレンドを作った際には

元肥を入れることが肝心かと思います。

置き肥と液肥だけでは、なかなか管理は難しいかも・・・。

根っこに触れても安全な緩効性の物を使用してください。

私が使用しているのは、月並みですが「マグアンプK中粒」です。

何重にもコーティングされていて徐々に溶けて1年間効き続けるとのこと。

ヘレボの場合は有機より化成肥料の方がなんとなく安心ですね(汗)


<バットグアノ>

堆肥や元肥のようなものですが、これも「あや用土」には欠かせない一品です。

コウモリの糞でできていて、リン酸分とカルシウムが豊富に含まれていて、

沢山施し過ぎても障害が出ないとされています。

植物の体を作るのはカルシウムですのでね。

これを入れると根っこが沢山出るように思いますがどうでしょうか?


<バイオポスト>

ここからは、ややぜいたく品ですが(笑)

私がここ数年、とても注目しているのが

「微生物資材」です。


ヴァラリス商会で販売している「バイオポスト」は

ワイン製造のカスからできている堆肥に微生物を沢山住まわせている

フランス国認定の微生物商品です。

これを混ぜると本当に病気になりにくくなります。

鉢内で、良い菌が悪い菌を追い出してくれます。

腸内環境のようなものです(笑)


使い方には3割混ぜると書いてありますが高価ですので・・・(^-^;;

私は用土に1割程度混ぜています。

根っこにまぶして植えつけても良いそうなのですが、

うちは、根っこには次の項目に書きますが「キンコン菌」をつけているので、

バイオポストは用土にまんべんなく混ぜ込んでいます。

この商品は完全植物性だそうですので施し過ぎても障害が出ません。

環境にも優しい商品です。


<Dr.キンコン>

これもマニアなら誰でも知ってる微生物資材ですね。

「菌根菌」を商品化したものです。

根っこに適量振りかけると、キンコン菌が根っこの中に入り込み、共生します。

寄生されるって、ちょっと怖い感じですが(笑)自然の土壌にも生息しているですよ。

微生物の食糧でもある窒素やリン酸を根っこ先からビヨーンと伸びて

根っこでは届かなかった場所にある遠くの肥料を運んできます。

えとね、、チッソは雨や灌水で溶けて鉢内に充満するので摂取し易いのですが、

リン酸はその場所からまったくといっていいほど動かないんですって。

近くに根っこがあればいいですが、なかなか届きません。

だからこちらから出向いて取ってくる役目をしてくれると助かるのです。

菌根菌資材も各メーカーから色々出ていますが、

私がDr.キンコンをお薦めするのは、コストパフォーマンスが良いからです。

他商品が一見、価格も安いように見えますが、1株に対して施す量が多いのです。

Dr.キンコンはお高いですが使用料が少量で済みますので、結果的に安いのです。

そのあたりも良く考慮して菌根菌資材選んでくださいね♪

Dr.キンコンは農家用に作られたものなので農薬の袋のように素っ気ないです。

でもいいんだ、私自身も素っ気ないんだしさ・・・(*v.v)




<つづく>
Comment:6
2011
11.12

今日のうた 倉木麻衣「Your Best Friend」

Category: 未分類


その思いは届いてるよ~
Comment:0
2011
11.09

新商品☆210L使ってみたよ!!

Category: 未分類
前回の続きです。


フゥ~、重い腰をあげてのクリスマスローズの植え替え。

このタイミングで
新商品「とんでもないポット7号ロング」
が到着いたしました♪

新しいものが届くと気分がウキウキしますね(*^v^*)

7号ロングはこんな感じです。


csm210l_1.jpg

正面から。



csm210l_2.jpg

底面はこんな感じ。



csm210l_3.jpg


アップで。



さっそく植えてみましょう(*^v^*)


180l210l


180Lに植わっているのを210Lに鉢増ししてみましょう。

このヘレボさんは、数年前、友人と英国のアシュード・ナーセリーから輸入して

半分コした「ブラックsd」です。


根っこを傷めないよう、優しくほぐします。

うちのヘレボ用土はナチュライトを混ぜているのでほぐすのは楽ちんです♪

いつも苦労してる方、天然パーライト「ナチュライト」をぜひお試しくださいね(宣伝☆)


nekko.jpg


根っこすごいなぁ(*^v^*)

ヘレボの元気さと、自分の栽培の腕の良さにウットリする至福のひととき・・・

ナルシストあやです。

(アホでごめんなさい・・皆だって同じでしょう?笑)



210l240l.jpg


こりゃ、210Lじゃ小さすぎですね。

240Lに変更しましょう。



240l210l180l.jpg


ありゃりゃ?210Lに植えてみましょう、っていう

新商品の紹介記事だったのに。

あや店長、ひっぱるねぃ(笑)




naisyo1.jpg



ほんじゃ、別の180Lに植わっているのを持ってきました。

この子はナイショのムフフちゃんです。

ナイショだから教えないよ!( ̄ー ̄)



naisyo2.jpg


とんでもないぽっと21cmロング(CSM210L)に植え替え完了(’◇’)ゞ

どうです?なかなか良い感じに立派になってくれそうですよね。

使い慣れるまで戸惑いそうですが(笑)


どうか大きく育ってくれますように♪



Comment:11
2011
11.07

クリスマスローズの植え替え・・・どの鉢にしますか?

Category: 未分類
こちらではすっかりご無沙汰してしまいました・・・


最近、園芸好きなヘレボ初心者さんとも仲良くなる機会が増えましたので

なるべくわかりやすいように、ヘレボルス(←学名です)に

一般的な「クリスマスローズ」という呼び方も一緒に書いておこうかなと思っております(’-’*)

(最終的には「ヘレボ」と言う呼び名を浸透させていこうと思いますけどねw)


さて!植え替えシーズンですね。

ただでさえ、不況やら震災やら台風やらでテンションがた落ちなのに

11月なのになんだか暑かったり寒かったりで、すっかりやる気をなくしている私なんですが

皆さん、調子はいかがですか?



si105.jpg
(画像はスリットエイト深鉢10.5cmシルバー使用)


スリット鉢に植わっていれば1~2年は植え替えなくてOKとは言われていますが、

さすがに今季の初開花株だけは、開花株サイズの鉢に植え替えてあげたいですよね。




初開花株のサイズ、皆さんはどの鉢に植えていますか?(’-’*)

私の定番は 「とんでもないポット150L」 でした。

しかしながら、交配している人はみなさん同じだと思いますが

数がものすごく増えてきて、鉢代も馬鹿にならず・・・(泣)



3_15.jpg


そこで今年は、スリットエイト深鉢の15cmを利用してみることにしました。

深鉢といっても、15cmにもなると

縦長というより正方形に近いシルエットですね。

もうちょっと縦長だと良かったなーと思うのですが。

深鉢ではない15cmだと、もっと横長になるのかもしれませんね。



3_135.jpg


ナーサリーさんなんかだと、出荷や置き場所の効率化もあり、

13.5cmに植えてるところが多いですね。

たしか sirius garden しんさんもこのサイズって言ってたな。

(違ったらごめんなさいw)

実は、冥王堂で販売はしているものの、私自身はこのサイズ使ったことないんです(^^ゞ

植え替え前のサイズが大体10.5cmロングか12cmロングで、

私がなかなか植え替えないので根っこがはち切れんばかりになってる・・・(ごめんよ・・・)

これをほぐして、いざ植え替えようとすると13.5cmじゃ

一杯一杯な感じなんですよね。鉢増しの意味ないじゃん、って。


ひょっとすると、13.5cmで咲かせよう、って人は、

植え替えは秋ではないのかもしれませんね。

ふむ。もう少し小さい状態から植えこむのなら合点がいく。



180l.jpg

すでに昨年開花してるヘレボ姉さんは180Lがしっくりきますね^^


150l240l.jpg



これからシーズンに突入し開花株を買ってきますよね。

これは鉢はどうしましょうかね?

根っこの具合を見て、180Lか240Lに植え替えるわけですが

いきなり240Lだとスカスカな感じでした。

(私は早くでっかくしたい時はスパルタ教育で240に植えちゃいますが☆お水遣り注意)

そんなところに、なんと!

最近とんでもないポットに待望の210L(7号ロング)が新発売したんです!!

全然気付かなくて、冥王堂、出遅れてしまいました~(*v.v)

明日(か明後日)入荷予定ですので、もうすぐ皆さんにもお届けできますよ♪

お楽しみにお待ちくださいね。


今240Lに植わってる大株さん。

これはこのまま同じサイズに植え替ています。

それかお庭に植えられる人は地におろすか。


それかそれか。

このサイズで根っこがパンパンなら、株分け適齢期かもしれません。


半分か、1/3くらいに割って、根っこに見合ったサイズの鉢に植え替えます。

ラベルは割る前に用意しておいた方が良いですよ。

株分け作業して植え替えると、一仕事終わった感で、ラベルをつけ忘れて、

あとですっかり忘れて何だったか分からなくなってしまうのです(苦笑)

ありがちパターンです・・・


株分けする時は、器具のウィルス消毒も忘れずに行ってくださいね。

ブラックデスなどのウィルス病は汁から感染します。

ハサミやナイフを一株ごとに消毒してくださいね。

(宣伝ですが、ウィルス消毒薬はお水と1:1で割るだけのビストロンが簡単です♪)
Comment:4
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。